相談

腰痛の原因を徹底解剖する|日本人を好む病

このエントリーをはてなブックマークに追加

いると安心のかかりつけ医

病院

都筑区で、かかりつけで利用する内科を選ぶにあたっては、自宅や会社から通いやすい近いところにあること、利用者の評判が良好であること、を重視しましょう。人として基本的な礼儀を守り信頼関係を築いたり、病状を事前にメモなどにまとめておきわかりやすく伝えるなど工夫すると、かかりつけ医をより有効に利用できます。

More...

聴神経の圧迫

カウンセリング

シュワン細胞の増殖による聴神経腫瘍で聴神経が圧迫されると、聴力が下がったり体がふらついたりするようになります。しかし手術で聴神経腫瘍を切除すれば、完治させることができます。放射線療法でシュワン細胞の増殖を抑えることもできますが、治療後には再度の増殖の有無を確認するための、定期検査が必要となります。

More...

ガン細胞を効率良く撃退

女性

ガンの治療では、免疫力を高めることも大事とされています。そしてそのために、ガン細胞の特徴を覚えさせた樹状細胞を増やすという、樹状細胞療法がおこなわれています。これにより、ガン細胞は効率良く撃退されるようになるのです。患者自身の樹状細胞が使われるので、樹状細胞療法では副作用の心配がありません。

More...

健康な腰を保つために

女性

腰痛は加齢によって悩まされる人が多く、最近ではデスクワークの増加で若年層の悩みにもなっています。一般的に腰痛は疲労による筋肉の炎症や、筋力の低下によって発症するイメージが強いです。そのため、湿布を張ったりストレッチで予防・改善しようとする方が多いですが、近年では新たな原因が分かっています。筋肉以外の腰痛の原因として、慢性的なストレスが深く関わっていると言われています。ストレスで脳内の痛みを抑制する物質が減り、もともとの体質や骨格と組み合わさって腰痛が起こります。8割以上の腰痛の原因がストレスであるとも言われており、現在の腰痛対策・治療ではいかにストレスを軽減するかを意識することが求められています。

腰痛は性別や年齢を問わずに発症するものですが、女性にしか見られないタイプの腰痛も存在します。特に更年期障害を抱えている女性の多くは腰痛を抱えがちで、より専門的な対処が必要です。更年期に腰の痛みが生じる原因として、女性ホルモンの減少による卵巣の変化が挙げられます。卵巣は腰部にあるため、そのサイズが変わると周囲の筋肉や骨格に影響が出ます。また、女性特有の疾患である卵巣嚢腫も腰の症状に繋がることがあります。卵巣嚢腫は良性の場合は摘出しなくても良い場合がありますが、周囲の組織を圧迫していると腰に痛みが生じます。症状に応じて医師に治療法や手術の必要性を相談することが大切です。以上のように、更年期や卵巣嚢腫を抱える女性は特に腰痛を意識することが大切です。